生意気な6年前の新入社員の僕に言いたい4つのアドバイス。 | 新入社員とは修行だ

仕事について
スポンサーリンク

これから新入社員になる方々へ。

僭越ながら時代遅れのアドバイスをさせて頂きます。

f:id:Gun-Chan:20200214235921j:plain

新入社員の皆さん。

働くということに希望と情熱を持っていることと思います。

新入社員になられたということは、就職試験を見事突破した素晴らしい方達ばかりです。これから大変なこともあるでしょうが、修行だと思って本気で仕事に取り組んでみましょう。

スポンサーリンク

①新入社員とは

新入社員とはつまり社会人になること。責任を持つことです。学生の時とは違って、社会に出ると甘えは許されません。プロフェッショナルになる必要があります。

新入社員は文句は言わない

会社組織に入るとしたら、入社後には辛いことが沢山あるでしょう。入社前にイメージしていたキラキラした自分とはかけ離れていることが大半です。

「なんでこんなことしないといけないの?バイトがやるような仕事じゃん。こんなことする為に大学出たわけじゃないよ。」

なんて生意気なことは言わないで、気持ちよく笑顔で「はい、かしこまりました。」と言って何でも率先してやるべきです。

仕事は信頼から生まれます。今は上司が大きなプロジェクトをしているでしょうが、上司にも新入社員の時代があったわけで、泥くさい仕事や一見やる意味が分からない仕事を責任をもってきっちりこなし、少しずつ信頼を積み重ねてきたからこそ大きなプロジェクトに携わっている今があるのです。

新入社員は修行だ 

少なくとも最初の2年くらいは、「これは修行だ、お金をもらって勉強させてもらっているんだ」と半ば自分を洗脳します。そして、与えられた仕事は期限内に済ませ、積極的に仕事を覚えようという姿勢で仕事に臨むべきです。文句を言いたい時もあるでしょうが、ぐっとこらえ、笑顔で気持ちよく仕事をしましょう。

文句がある時や、むかつく上司がいる時は、態度や言葉には出さず、心の中で「いつかお前なんか余裕で超えてやるわ」と思っておけばいいのです。

と、新入社員の時の僕に言えるもんなら言ってあげたいです。

  • 責任をもつこと
  • 信頼を積み重ねること
  • 修行だと思って耐えること

②新入社員はとにかく我武者羅に

とにかく我武者羅に本気で仕事に打ち込みましょう。最初は怒られまくるでしょうが(日本ではそんなことないか)、何で怒られてるのかもわかりません。分からないことが分からないのです。それでも自分なりに一生懸命にやっているのに、来る日も来る日も怒られ、嫌になるでしょう。

学生気分から社会人へと気持ちを早く切り替えなさい

何をやっても上手くいきません。そして怒られます。

それもそのはずです。まだ甘えているから。

誰かがやってくれるだろう、誰かが教えてくれるだろう、こんくらいだったら大丈夫っしょ。なんて思っているからミスをするし、上司からも指摘が入るのです。上司もまるであなたの事を見透かしているように、ピンポイントであなたが手を抜いている所を突いてきたりするでしょう。上司も新入社員時代に同じようなことで失敗し、怒られてきたから、あなたがしそうなことは分かるのです。

なので、手を抜こうと思わず、誰かが助けてくれるだろうとは思わず、分からないことは分からないままにせずに、その場ではっきりさせましょう。そして甘えの気持ちを持たず、全力で仕事に取組めばクソ上司も認めてくれるはずです。

学生の時とは訳が違います。新入社員ともいえども、そんなことを言い訳にしてはいけません。失敗をして怒られた時に、「聞いてない、教えてもらってないからできなかった」なんて口が裂けても言うべきではありません。プロフェッショナルでなければいけません。

じゃ、教えてもらってないことも分かったふりをすればいいのか。ということではありません。仕事に取り掛かる前に単純に一つ一つの分からない単語や状況が出てきたら、適当に流すのではなく、立ち止まって常に疑問を持ち調べてみることが大事です。その上での理解をもとに上司や先輩に確認しながら仕事を進めていく必要があるということです。

その為には、学生気分から早く抜け出して、本気で仕事に向き合わないといけないのです。

上司から認めてもらえるように頑張ろう

上司が認めてくれるということは、お客さんからも認めてもらえるということです。(たまに本気でクソ上司もいるので、その場合は話が別ですが。)なんで上司にごますって、上司が喜ぶような仕事をしないといけないんだ。俺はお客さんの為に仕事をしているんだ、上司や会社の為に仕事をしてるんじゃない。

なんて生意気なことは言わず、上司が満足する仕事=お客さんが満足する仕事とほぼ同等ということです。何年後かには分かるから、とりあえずよれよ!

と、新入社員の僕に言ってあげたいです。

  • 手を抜かない
  • 分からないことは聞く
  • 上司が満足する仕事をする

f:id:Gun-Chan:20200215000550j:plain

③新入社員は朝は一番最初に出社しよう

朝は誰よりも先に出社しましょう。前の夜にクソ上司に連れまわされて朝5時まで飲んでたとしても、提出期限がある資料作成に格闘して朝5時まで仕事をしていたとしても、言い訳はせずに誰よりも一番最初に出社しましょう。

新入社員が上司より後に出社は絶対ダメ

新入社員が上司よりも後に出社するなんて論外です。まだまだ学生に毛が生えた程度のポンコツなんだから、他の人と同じようなことをしていてもダメです。誰よりも早く出社し、自分の仕事は始業までにはある程度終わらせておきます。

定時は上司や先輩やお客さんの為に動く 

始業時間が来たら上司からの急ぎの頼まれ事、先輩からの急ぎの頼まれ事、お客さんからの問い合わせの為に動きましょう新入社員はまだまだ戦力にはなりません。勘違いせず、上司や先輩の代わりに色々な雑用をできるように体をあけておきましょう。

何か上司や先輩から頼まれた際は、自分の仕事は後回しにして最優先でその頼まれたことに取組みましょう。そんなことをしてるとあっという間に定時になり、自分の仕事が終わっていないにも関わらず、お客さんや上司、先輩から飲みに誘われるでしょうが、全て「はい!もちろん」と言って気持ちよくついていきます。(どうしても用事がある時は別ですが、その場合は先に言っておきましょう)

仕事は必ず片付けてから家に帰ろう

そして、飲みが終わった後に、オフィスに戻り自分の仕事をかたずけます。間違っても、「提出期限は明日の午前だったか、じゃ明日の朝やればいっか」というようなことはダメです。そんなやって提出期限に間に合ったことはありません。前日には必ず終わらせ、翌日の提出前に上司に確認してもらうことが必要です。もしかしたら、ダメだしを食らう場合もありますので。

朝はオフィスに人もおらず、電話もならないので集中して仕事に取り組めるいい時間帯ですしね。

「こんなのブラックやん。社畜やん。時代遅れやん。」なんて生意気なことは言わず、必ず自分の為になる修行だと思って頑張りましょう。

その経験がいずれ自分がお客さんを持った時、起業する時、更に上を目指そうとする時に役に立ってくるのです。

と、新入社員の僕に言ってあげたいです。

  • 朝は誰よりも早く出社
  • 仕事中は頼まれ事にすぐに対応できるように
  • 提出期限は厳守

f:id:Gun-Chan:20200215000752j:plain

④ある程度余裕ができ始めたら自己投資をしよう

2年の修行期間を終え、圧倒的なスピードで仕事を覚え始めた貴方は少し余裕が出始めます。余裕が出来てきたからといって、スピードを緩めたらいけません。余裕ができ、自分の為に使える時間が増えると思いますが、その時間は自己投資に充てましょう。アホみたいに毎晩飲みに行ってはいけません。

筋トレ、資格の勉強、英語の勉強、投資の勉強とやることは沢山あります。甘えてはいけません。少なくとも年収3000万を最低ラインとしているのであれば現状に満足せずに走り続けなければなりません。

人の倍以上努力しよう

10年後、20年後に会社から抜けようと思っても抜けられず、どうしようもないから会社にいる、という人になりたいですか?

できることなら多感な若い時に多くの知識や経験を積んでおくべきです。

どこに行っても通用する資格とスキルをもって、どんな時でも、どこでも生きていけるようにならないといけません。その為には、みんなが遊んでいる時や寝てる時に人の2倍、3倍努力しなければいけません。言い訳せずに、さっさとやりましょう。

愚痴を言い合うような集まりは避ける

仕事の愚痴を言い合うような無駄な時間を過ごすことはやめましょう。そんな愚痴を言う暇があったら筋トレでも行って、そのエネルギーを筋肉に変えた方が100倍くらいマシです。

同僚と飲みに行く場合も、前向きに有意義な話ができる人達と一緒に時間を過ごしましょう。居酒屋で愚痴を言い合うことほど虚しいものはありません。

周りと差がつき始めても新入社員の時の気持ちを忘れずに謙虚に

新入社員からの最初の2年間である程度周りと差がつき、かつ自己投資も始めるともっともっと周りと差がつきます。そこで、周りを見下したりしたらいけません。

そういう時こそ謙虚に新入社員時代の我武者羅な気持ちを忘れずに、周りに感謝しながら仕事を進めるべきです。

仕事は一人ではできるものではありません。必ず誰か周りの協力がないといい仕事はできません。3年目くらいになってきた時こそ、再度新入社員の時の気持ちを思い出し、我武者羅に働くことが必要なのです。

今仕事ができていることは幸せなことです。新入社員の時から育ててくれた会社、上司、先輩、周りのスタッフ、お客さん、取引先、全てに感謝をして仕事に打ち込みましょう。

  • 世界で通用する資格の勉強
  • 人が遊んでいる時に差を付ける
  • 謙虚さを忘れず、現状にも満足しない

f:id:Gun-Chan:20200215000933j:plain

最後に

最後までお付き合い頂きありがとうございました。

今時流行らない根性論と社畜根性丸出しの僕の新入社員へのアドバイスをお読み頂き感謝いたします。

僕はここに記載したことを実践してきました。

朝9時の始業だったのですが、毎日何があっても7時には会社にきて日々のルーティンを片付け、始業時間以降は何を言われても対応できるようにしていました。

少し職責が上がった後も、7時には会社に来て、仕事のプライオリティを確認し、始業時間と同時にスタッフに指示を出して、効果効率的に仕事を進めることを大事にしていました。

会食等で飲みに行った後も、オフィスに戻り仕事をかたずけてから帰宅、もしくは仕事をもって帰るということをしていました。深夜、早朝に働くことも多く、休みの日も駆り出されることもありました。今だとブラック、社畜、思考停止だと言われるでしょうが、将来の目標がありますので、へとも思わなかったです。

彼女(今の奥さん)とのデートをドタキャンせざるを得なかったことも何度もありました。映画館に彼女をおいて、お客さんに急遽呼ばれ、タクシーに飛び乗って家に帰り、スーツに着替えて出動ということもありました。

あの時頑張っていたおかげもあり、今はかなり労働環境が良いところで給料も良く、専門的な知識を提供する仕事についています。今があるのは、あの時我武者羅に働いたからだと思っています。

そしてあの時のクソ上司には本当に感謝をしています。仕事だけではなく、色んなことを教えてもらいました。クソ上司なんて失礼です。最高の上司でした。

そんな上司は何かにつけて気にかけてくれていましたし、勉強し続けなさいと言ってくれていたので、他の同僚や先輩達が飲みに行って、皆が次の日死んでる時も、僕はお酒は飲まずにその教えを守って勉強しました。その上司への恩返しの為にも、これからもまだまだ高みを目指して日々頑張るのみと思っています。

これから新入社員として社会にでる方々は、今は意味が分からなくても将来必ず分かるときがくるので、我武者羅に、一生懸命に、ブラックだどうこうの言わずに本気で働いてください。

目の前にあることを精一杯にやることが生きてく上で大切なことです。

自分の人生を生きれるように!Good Luck!

コメント

タイトルとURLをコピーしました