日本の健康保険制度はかなりお得!【海外就職者からみる日本のいいところ】

健康保険 海外生活
スポンサーリンク

日本の健康保険制度はかなりお得!

新卒として海外に出た僕が、日本の健康保険について、海外から見た日本の健康保険についておすすめしたいと思います。

給料を受け取る際は、実際に銀行に振り込まれる金額を見て一喜一憂するものです。しかしこの銀行に振り込まれる給料は、銀行に振り込まれる前に健康保険料や厚生年金料、所得税等々を引かれているのはご存知のことでしょう。 今回はその中の健康保険料に焦点をあてて、日本での健康保険料と海外生活の際の健康保険料について比較をしていきます。

スポンサーリンク

健康保険料と医療費と医療費3割負担の関係

健康保険料の仕組みと言われて、文字では何を意味しているか分かっても、「医療費が3割負担で済むってことね」という医療費の話と紐づく方は少ないのではないでしょうか。

健康保険証と医療費と聞けば、怪我や病気をした時に病院に行き、初診の際に病院の受付で提出するものということは分かるはずです。

そして、医療費ときけば、3割負担ということには辿り着きますね。その3割負担は医療費が全額負担の場合から7割引きで病院で治療が受けられるということです。

例えば、風邪にかかり病院に行くと、診察をしてもらい、注射を打ってもらい、薬を処方してもらうことでしょう。そして例えば、病院代が3,000円かかったとすると、これが医療費3割負担で、健康保険がなかった場合は医療費は10,000円だったという訳です。3,000円だと病院は利益が上がりませんから、残りの7,000円は政府が負担してくれているのです。

政府の医療費の7割負担の財源はどこから?

私たちは医療費を3割しか負担する必要がないということは、残りの7割を政府が負担してくれている訳です。その政府が負担してくれている医療費の7割の財源を構成するのが、皆さんの毎月の給料から天引きされている健康保険料です。

つまり、7割政府が負担してくれているように見えている医療費は、元々私たちがもらうはずであった給与支給額から既に前払いしてある健康保険料を還付してもらっているということが言えるでしょう。

健康保険料の支払い額を知っていますか?

医療費3割負担に加え、医療費7割負担の財源は自分の健康保険料を財源にしているとすれば、ざっくり考えると病院に行く頻度が少ない人は、結局医療費は全額負担しているようなものだと考えられるでしょう。独身で健康そのもの、病気は全くしないし、怪我もすることがなく、1年に1度も病院に行かない人にとっては健康保険料を払い損になっているように思われるます。

このような考えには後で触れるとして、皆さんは自分の給料からいくら健康保険料が引かれているかご存知ですか?

正解は皆さんが勤務されている事業所の所在地により異なりますが、標準報酬月額といって月の給与の10%程度です。これは毎月の給与の総支給に対してこの利率がかかります。細かい規定はありますが、ボーナスに対しても健康保険料は持っていかれます。

この健康保険料の算出は細かい決まりがありますので、もっと詳しく把握されたい方は以下のサイトからご確認ください。

ここでは詳しい算出方法は置いておきます。

単純計算で、30万でボーナスはなしだとしても、30,000円が健康保険料として持っていかれています。かなり大きな金額ですよね。年間にすると、36万円が健康保険料として政府にもって行かれている金額なのです。

ですが、私たちが負担しているのは、この半分の18万円で、残りの18万円は皆さんの働いている会社と折半となっています。

その為、ボーナスがないとすれば毎月の給料の約5%を健康保険料として支払っているのです。

総支給額30万であれば、15,000円ですね。

年間に月給の5%も医療費に使うのか

こうやって健康保険料がいくら取られているのかを考えると、払い損な気がしませんか。

最初の風邪で病院に行った時の例を取ると、完全に払い損ですよね。独身で健康で怪我もしないのであれば、健康保険料に払う分を投資等に回した方がいくらでも価値があるような気がします。会社もそうしたいはずですよね。

1回の医療費が10,000円で、医療費の負担額が3,000円なので、月額15,000円の医療費の元を取るには、少なくとも月に約21,500円分の医療を受ける必要があります。約7200円分程度の医療を月に3回です。働き盛りで健康な方は、そんなに病院に行くことはないですよね。

ですが、健康保険料は扶養家族がいる時に本当の価値を発揮します。 もし皆さんが結婚した時のことを考えてみましょう。

健康保険は結婚したり親が高齢になった時の為に効果を発揮する

いずれ多くの人が結婚します(しない人もいるでしょうからこの言い方は気にしないで)。結婚をすると、子どもを授かることもあるでしょう。

例えば、子どもがいて、配偶者も働いてないとなると、その子どもと配偶者も皆さん一人分の健康保険料で賄うことができるのです。そして、もし皆さんの親も定年し、ある一定の条件として皆さんが皆さんの親の扶養者となる場合は、その親の分の健康保険も皆さん一人分の健康保険で賄うことができるのです。

もし、子どもが2人、配偶者が1名だとして、その3人とも働いてない場合は、月給30万の人であれば月額15,000円で4人分までの医療費をカバーすることができるのです。これは、非常にお得なことですね。

ひとり当たり10,000円の医療を月に一度でも受ければ、一月に負担している15,000円の元は取れてしまいます。特に子どもがいる家庭はなにかと病院に行く機会は多いと思いますので、かなり助かるシステムなのが、この健康保険というシステムなのです。

海外で働く場合の健康保険

僕の住んでいる香港では、香港IDカードを持ってさえいれば、公立の病院で格安で医療を受けることができます。そして香港の医療技術は非常に高いです。

安いですが、待ち時間が非常に長いのと、英語と広東語(北京語)がメインとなるので、特に配偶者がいるような方は日本語が使える私立の病院が安心です。そしてそのような私立病院は費用が高額となります。

駐在で外国に行く場合は、ほぼ100%の企業が民間の健康保険に加入してくれて、私立病院でも問題なく行けるでしょうが、現地採用だと、健康保険は自己負担の場合があります。

現地採用で福利厚生で健康保険がない場合も、独身であればよっぽどのことがなければ大したことはないでしょうが、結婚するとやはり家族の事を考えて健康保険が必要になってきます。その場合も様々な保険があるのですが、通院と入院は別々で保険に加入しないといけません。

Bupa in Hong Kong
Bupa is the largest private healthcare provider in Hong Kong with a unique scale and presence in both health insurance and healthcare provision businesses.
https://www.libertymutual.com/

結論:日本の健康保険はいい!

独身で病院に行かない場合は、払い損ですが、こうやって結婚して子どもができた時や、親が高齢になって扶養する場合には還付されるのです。

ですので、やはり健康保険料はしっかり払いましょう(というか勝手に毎月の給料から以て行かれているのですが)。そして日本は北海道から沖縄まで医療に殆ど差がありません。僕が前に住んでいたタイのようにお金持ちが行く病院と公立の病院で医療に大きな差があるということなので、この健康保険制度は日本のいいところなのです。

なんだかんだで日本のシステムはいいところも多いなと思います。これは一度外国で暮らしてみる機会があれば良く分かることです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました